2階には、北茨城市の歴史や民俗が資料やパネルの展示によって分かりやすく紹介されています。

北茨城市歴史民俗資料館・野口雨情記念館のご案内

常設展のご案内

北茨城市の歴史

古代の北茨城

戦乱にあけくれた佐竹氏統括の時代

商業が盛んになった江戸時代

水戸藩、川越藩から茨城県へ

県下15番目の市として


1F展示室 野口雨情コーナー

このコーナーでは、当市が生んだ詩人「野口雨情」の偉業を顕彰し、後世に伝えるために、全国から収集された資料を中心に構成しています。


2F展示室 北茨城市の歴史と民俗コーナー

昭和31年3月31日に三町三ヶ村が合併して誕生した北茨城市は、関東と東北の接点として古代から陸奥への物資輸送の拠点として重要な位置をしめていました。
また、幕末にはイギリス人上陸騒動など数多くの歴史の舞台となりました。このコーナーでは、現在までの北茨城市の歴史や民俗を紹介するとともに、かつての基幹産業であった炭鉱関係資料等が展示されています。

電車でいらっしゃる場合: JR常磐線磯原駅東口下車、徒歩20分(1.5km)

お車でいらっしゃる場合: 常磐自動車道「北茨城インター」から10分


主な収蔵品リスト

施設概要

〒319−1541
茨城県北茨城市磯原町磯原130−1
п@0293−43−4160

野口雨情記念館前
  野口雨情銅像
交通アクセス